トップページ薄毛治療の体験談薄毛で性格まで消極的になって

薄毛で性格まで消極的になって

更新日:2020年10月16日

ショータさん(26歳・男性)

抜け毛や頭頂部の薄毛が気になりだしたのは高3ぐらいでした。
周りはみんなフサフサで、髪を染めたりパーマをかけたりしてるのに、僕は今ある髪がとても大事だったので、そういうことは一切しませんでした。

そして大学2年ぐらいから周りから髪のことをからかわれ始めるようになって、自虐ネタとして笑いを取るようにはしていたんですけど、無理していました。
だんだんそれにも疲れてしまい、そしてどんどん自信もなくなり、結局今みたいな消極的な性格になってしまいました。

でもさすがにこのままじゃまずいし、このままでいたくないと思って、AGAの専門クリニックへ行ってAGA治療を始めることにしました。
まだAGA治療薬のプロペシアを飲み始めて1ヶ月もたってないので、抜け毛が気持ち減った程度しか髪に変化はありませんが、「AGA治療を始めた」と思うだけでも、少し明るくなれたような気がします。
今まではただ薄毛が進行していくのをただ我慢して見ているだけでしたが、「きっとフサフサに戻れる!」という希望が持てるようになったんです。

今、髪の毛にコンプレックスを持っていて、悩んでいる人にはAGA治療を本当に勧めたいです。

※あくまでも個人の感想であり、効果には個人差があります。

薄毛治療の体験談

  • AGAとは?
  • 治療薬と治療法
  • AGAの毛髪自己チェック
ドクター正木の教えてAGA!あなたのお悩みや質問にAGA治療専門のドクターが回答します。

質問と回答の一覧はこちら

薄毛の対処法

  • 薄毛に似合う髪型
  • AGAの治療薬と治療法

AGAの解説

  • AGA治療の用語解説
AGAの相談ができる病院検索
トップに戻る