050-5893-4765

ヴェラルティス

更新日:2011年7月6日

ヴェラルティス

ヴェラルティスとは

ヴェラルティスとは次世代のAGA治療の外用薬といわれる高濃度のミノキシジル外用薬です。
市販のミノキシジル配合の外用薬は、ミノキシジルの配合濃度は最大5%ですが、このヴェラルティスは7%や多いものでは15%の高濃度のミノキシジルが配合されているのが大きな特徴といえます。高濃度のミノキシジルと特別に選ばれた発毛促進成分を頭皮の深層部分に浸透させることで、従来のミノキシジル外用薬よりも高い発毛促進と抜け毛予防の効果が期待できます。

ヴェラルティスとは

また女性の薄毛・FAGA治療向けにミノキシジルの濃度が2%という低濃度のヴェラルティスも用意されています。

そして他のミノキシジル外用薬とヴェラルティスの一番の違いは一部の医療機関でのみ処方されているという点でしょう。ネット通販等では入手できず、医療期間でのみ取り扱われていることが高い効果のあらわれかもしれません。

ヴェラルティスの効果

従来のミノキシジル外用薬と同様にヴェラルティスも発毛の毛周期を改善する効果があるとされています。
ヴェラルティスには高濃度のミノキシジル以外にも発毛の有効成分が含まれています。発毛促進因子を作り毛乳頭細胞に働きかけることによって発毛を促す「アデノシン」、ヘアサイクルの乱れを改善して髪自体を太く濃くする「プロシアニジンB2」、頭皮の血流を活性化させて抜け毛を防ぐ「プロキャビル」など、これらのさまざまな有効成分によって発毛を促し、髪の密度を高めていく効果が期待できます。

ヴェラルティスの効果

また、かゆみの原因といわれているプロピレングリコールを配合していないため、かゆみに困る敏感肌の方には使いやすい外用薬です。

ヴェラルティスの副作用

基本的には市販のミノキシジル外用薬と同様の副作用があると考えられています。
頭皮の赤みやかゆみ、かぶれや初期脱毛などが主な副作用といわれています。ただ市販のミノキシジル外用薬よりも高濃度なので副作用が強く出るかもと不安になる方もいるかと思いますが、実際には市販品等との差異は判明しておらず、詳しいことはまだわかっていない状況です。
しかし従来のミノキシジル外用薬と同じく、上記のような副作用が出る人はごく少数といわれているので、安心して使用できる外用薬でしょう。

ヴェラルティスの副作用

ヴェラルティスの入手方法

従来のミノキシジル外用薬とは違い、ヴェラルティスは薬局やインターネット通販等では購入することができません。一部の医療機関・病院でのみ処方してもらうことが可能です。また、ヴェラルティスは市販のミノキシジル外用薬とは違って厚生労働省の未承認薬なので、入手・使用は自己責任となるのでご注意ください。

ヴェラルティスの入手方法

ヴェラルティスの使い方

朝と夜の1日2回の使用で、1回につき5プッシュ程度を気になる薄毛部分に塗布して、頭皮に揉み込むようにマッサージして浸透させてご使用ください。
基本的にはまず7%のヴェラルティスを使い始め、効果が実感できなければ15%に変えていくといった使い方が良いかと思われます。詳しい使用方法等については処方された医療機関や病院でご確認ください。

ヴェラルティスの使い方

ヴェラルティスの費用

自由診療のため、処方する医療機関や病院によって費用は変わってきます。
ミノキシジル7%配合のヴェラルティス1本だと8,000円前後、15%のものだと10,000円前後という相場感のようです。他にも1本での価格ではなく、数ヶ月間の使用サイクルで金額が決められている医療機関等もあるので、処方したい医療機関・病院でご確認ください。

ヴェラルティスの費用

ヴェラルティスが処方できる病院

AGA治療に対応するクリニックをお電話でご案内

お近くにあるAGA治療の相談が可能なクリニックを、フリーダイヤルでご案内しています。
(月~金 9:00~18:00 / 土日祝 休)

フリーダイヤルアイコン050-5893-4765

※AGA治療や治療薬に関するご質問なども承っております。お気軽にお電話ください。

AGAの治療薬と治療法

トップに戻る