トップページもしかしたらあなたはAGAではないかもしれない

もしかしたらあなたはAGAではないかもしれない薄毛で悩む男性の約3割が、実は「健常な毛髪」

前髪をつまむ男性画像

もしかしたらAGAではないのかも…?

同僚から「薄い」と言われたり、親や親戚が薄毛だらけだったり、起きた時に枕に落ちている抜け毛を見て絶望したり…

「このままではどんどん髪が減っていってしまうのでは!?」
という恐怖にも似た不安を抱えてはいないだろうか?
そう思い込んでクリニックに駆け込む20~30代のサラリーマンが多いようだが、実はそのうちの約3割が「健常な毛髪」だというのだ。

そこで、月間来院患者数5,900人、年代別では20~30代の患者が7割を占める、頭髪治療のパイオニア・メンズヘルスクリニック東京の小林一広院長に話を伺った。

AGAじゃないかも!? 迷ったら・・・

「気にしすぎ」は心身ともに不健康になってしまう

小林院長画像

頭髪専門のメンズヘルスクリニック東京 小林院長は精神神経科出身。「心身ともに健康な状態で治療をするのが望ましい」と考え、必要によっては頭髪治療の一環としてカウンセリングも行う。

AGAとは「男性型脱毛症」と呼ばれ、男性ホルモン由来の物質が影響して起こってしまう脱毛症である。
頭皮の毛細血管を通り、毛乳頭細胞にたどり着いた男性ホルモン(テストステロン)が、酵素によって脱毛の命令を出す悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)に変えられてしまう。これによって、髪の成長を妨げられてしまい、成長しきらないまま抜けてしまったり、細く弱々しい毛になってしまうのだ。これがAGAのメカニズムである。

では、AGAが引き起こされる原因としては何が挙げられるのだろうか?

小林院長によると、AGAの原因は「遺伝」「男性ホルモン」「ストレス」「生活習慣」の4つが挙げられるが、この要素が合的に組み合わさっている場合があり、何が薄毛を加速させているかは個人によって違うのだそうだ。

医師の診察のもと正しく治療、ケアを行えば、通常約6ヶ月で何らかの改善の兆候がみられ、1年~1年半で改善にこぎつけるというが、逆に6ヶ月で改善の兆候が見られない場合は、治療の継続を打ち切る打診を患者に話す場合もあると小林院長は言う。効果が維持を目標とするのであれば問題ないが、本人が希望するだけの発毛効果が認められない場合は、費用対効果の問題が生じてしまう医療である。また、そもそもAGAではない場合は、本人がどんなに気にしていても「治療の必要性はない」という診断を下すのだそうだ。

しかし、そうは言っても「薄毛」はやはり気になるものだが…。

「まず、本人が思っているほど、周りはそんなに気にしていませんし、思っているほど薄くない場合が多いです。」と小林院長は言う。

実際に診察に訪れる患者のうち、約3割は「思い込み、気にしすぎ」で治療の必要がないのだそうだ。
健常な毛髪にも関わらず「自分はAGAなんだ…このままどんどん薄毛になってしまうんだ…」と心配しすぎて、ストイックに様々な対策を自己流で行い、逆にそれがストレスになっていることもあり、中には初期のAGAであっても精神疾患のような状態で来院する患者もいるとのことだ。

AGA治療は心も健康であることが必要

メンズヘルスクリニック東京で実際に治療を受けた20代男性の治療経過の頭皮画像

メンズヘルスクリニック東京で実際に治療を受けた20代男性の治療経過

では、「思い込み、気にしすぎ」で治療を希望する男性にはどのような対応をしているのだろうか?

「私は精神科の専門医なので、このような患者さんには必要に応じてカウンセリングを行い、精神面からもアプローチして治療を進めることがあります。頭皮を健康に導くことはもちろんですが、心も健康な状態にして治療をすることが望ましいと考えます。」

薄毛は本人にとっては非常に大きな問題。コンプレックスを感じて悩むこともあるだろう。薬を処方して「はい、おしまい」ではなく、精神面のケアもしてくれるのは何とも心強い。

「頭髪も体の一部ですから、精神面が不健康だとどうしても悪い影響が出てしまいます。また、ストレスで体を壊したり、間違ったケアで頭皮をボロボロにしてしまっては元も子もありません。当院には、皮膚科、形成外科の医師もいますので、薄毛のお悩みに対して総合的に治療をすることができます。」

ひとえに「AGA」と言っても個人によって、様々なアプローチ方法があるようだ。そして当たり前ではあるが効果にも個人差があるという。

実際に小林院長のメンズヘルスクリニック東京では、メンタルなケアは勿論だが、治療は薬剤治療がメインで、脱毛を抑制する「内服薬」と毛母細胞を活性化させる「外用薬」を中心に、髪や皮膚の材料となる独自の「サプリメント」も併用して治療効果を上げている。

「AGA治療は患者さん本人の”満足度”によって効果の実感が左右されるのですが、満足度の高い方は、生活全体にアクティビティがあがり、考え方もポジティブになるなど、治療効果が与える影響は大きいですね。ですからまずは、きちんとした診断をしてくれる専門のクリニックを選び、相談をしてみることをお勧めします。」

悩む前に信頼できるクリニックで相談。治療の必要がない場合も。

小林院長によれば、若ければ若いほど、AGA治療で通院することに対して「恥ずかしい」と思う傾向にあり、隠したがるという。しかし、そのような患者心理に配慮しているクリニックは意外と少ないのが現状である。

このまま髪がなくなるのを黙って見ているしかないのか、治療費がいくらなのか、専門医はいるのか…これから治療を始めようとしている人にとっては、心配なことだらけだろう。
まずは「自分は治療が必要なのかどうなのか」を相談できるクリニックで、必要がなければ「治療の必要なし」とスパッと診断して安心させてくれるような、信頼できるクリニックで相談することが、薄毛の悩み解消の第一ステップではないだろうか?

取材協力:メンズヘルスクリニック東京

住所東京都千代田区丸の内1-11-1パシフィックセンチュリープレイス丸の内10F
最寄り駅JR山手線 東京駅
電話番号03-5224-5551
トップページもしかしたらあなたはAGAではないかもしれない