トップページお知らせ・トピックス脱毛の原因遺伝子がキューティクルに影響

脱毛の原因遺伝子がキューティクルに影響

更新日:2012年7月27日

脱毛の原因遺伝子がキューティクルに影響男性ホルモンが関与せず、性別に関係なく起きる脱毛や薄毛の原因遺伝子を、国立遺伝学研究所の相賀裕美子教授(発生遺伝学)らのチームがマウスの実験で突き止め、26日、米科学アカデミー紀要電子版に発表した。

 この遺伝子が正しく働かないと毛髪表面にあるうろこ状の組織「キューティクル」に異常が生じ、頭皮から抜けてしまうらしい。相賀教授らは人でもこの遺伝子が働いていることを確認。同教授は「キューティクルの維持が、脱毛を食い止める治療につながる可能性がある」と話している。

 チームは「Sox21」という遺伝子を持たないマウスを作成して観察。すると、誕生後に全身にいったん生えそろった毛が、生後11日目からまず頭部で抜け始め、約1週間で全身から完全に抜け落ちた。その後、再び新しい毛が生えるものの20日前後で脱毛。発毛と脱毛を繰り返した。

 チームは、発毛は正常だが脱毛の周期が異常に早まったと判断。通常のマウスでは、キューティクルのうろこ状の構造が毛と頭皮の組織とをかみ合わせる“かぎ”の役割を果たしているが、Sox21のないマウスではうろこ状の構造がなく、毛がある程度伸びると抜け落ちてしまうことを突き止めた。

 うろこ状構造を作るのはタンパク質「ケラチン」。Sox21はケラチンを作り出す遺伝子の働きを制御しているという。

参照元(PCサイト)

関連記事

  • 日本の薄毛人口はおよそ4200万人

    日本にはAGAなどの薄毛で悩む人はどれくらいいるのでしょうか?そんな疑問をリーブ21が調査しました。インターネットで頭髪の悩みについてアンケートを行ったところ、薄毛や脱毛が進んでいると感じる人はおよそ…

  • コラーゲン不足で白髪と薄毛に-マウスで解明

    タンパク質の1種である「17型コラーゲン」が毛根で不足すると、薄毛と白髪の両方の原因になることがマウスの研究で明らかになりました。この研究は東京医科歯科大学の西村栄美教授(幹細胞医学)のチームがアメリ…

  • AGAの原因、詳細が判明!原因のタンパク質を特定

    これまでAGA(男性型脱毛症)の原因は男性ホルモンの一種「ジヒドロテストステロン」が脱毛に作用していることは解っていたのですが、それに加えて脱毛に関与するタンパク質が特定されました。アメリカで発行され…

お知らせ・トピックス

ドクター正木の教えてAGA!あなたのお悩みや質問にAGA治療専門のドクターが回答します。