トップページ抜け毛の対策ウォーキングで抜け毛もメタボも対策

ウォーキングで抜け毛もメタボも対策

更新日:2011年12月1日

ウォーキングで抜け毛もメタボも対策メタボリック症候群は生活習慣病のリスクを高めるだけでなく、抜け毛のリスクも高めてしまいます。

その理由はメタボリック症候群が血管を詰まりやすくする疾患を引き起こし、頭皮の毛細血管から髪の毛へ栄養を送りづらくしてしまうほか、肥満になると皮脂腺から皮脂の出る量が増え、脂漏性湿疹のリスクも高まります。脂漏性湿疹は悪化すると抜け毛の原因になります。

抜け毛・メタボ対策にウォーキング

抜け毛だけでなく生活習慣病の元にもなるメタボリック症候群を解消するには運動が一番です。そこで、今回は非常に手軽にできる運動としてウォーキングを紹介します。特別な用具を購入せずとも手軽にはじめられ、全身の約7割の筋肉を使うと言われている有酸素運動です。

ウォーキングの時間

ウォーキングは距離ではなく時間を目標にしてください、有酸素運動は30分以上続けることが大切です。有酸素運動は、はじめに糖質をエネルギーとして利用しますが糖質は20分くらいで尽きてしまいます。糖質が尽きると脂肪をエネルギーに利用しますので、脂肪を減らすためには20分以上の有酸素運動が必要になります。目安として30分を目標にウォーキングしてみましょう。

善玉コレステロール

運動を適度に行なっている人の血液には善玉コレステロールが多いと言われています。善玉コレステロールが血液1dl中に40mg未満しかないと「脂質異常症」と診断されますので、善玉コレステロールを増やしてメタボの危険因子を取り除く効果を期待できます。

肥満解消効果

肥満の原因の1つに運動不足があります。運動で消費したエネルギーよりも食事で摂取したエネルギーの方が多くなると余剰エネルギーが体内にたまり肥満の原因となります。運動量を上げることで消費エネルギーを増加させ余剰エネルギーを減らす効果を期待できます。

育毛のためのウォーキングのフォーム

ウォーキングはただ歩けばよいというものではなく正しいフォームがあり、正しいフォームでウォーキングすることで疲れやすくなることを防げますが、あまり細かいことは気にせず気楽にはじめることのほうが重要です。

1,背筋を伸ばす
姿勢を正すと肩に力が入ってしまいがちですが、肩の力を抜き上半身をリラックスさせながら、軽く胸を張って背筋を伸ばしてください。

2,腕の振り方
ヒジは軽く曲げて、なるべく大きめに前後に振ります。

3,ウォーキングの速度
あまり早さは意識せずに、会話しながらでもウォーキングできる余裕があるくらいの速度で、無理をしないことが大切です。

注意点として、脱水症にならないよう水分補給はこまめにとってください。またウォーキング前の準備運動で筋肉をほぐしてください。

髪のためにも体のためにもなるウォーキングで、肥満とは無縁の体を手にいれてみませんか。

関連記事

  • 野菜から食べはじめて抜け毛を対策

    食欲の秋と言われるだけあって、食欲をそそるたくさんの美味しい食材が旬をむかえます。ついつい食べ過ぎてしまいがちですが、メタボリック症候群には気をつけなくてはなりません。今回は、食事の順番を気をつけるこ…

  • AGAの頭皮にあったシャンプーの選び方

    シャンプーだけでは抜け毛を改善することはできませんが、洗髪をおろそかにするとフケが溜まったり頭皮の脂が溜まったりと脂漏性湿疹の原因にもなり、脂漏性湿疹が悪化すると脱毛にもつながります。ただ、頭皮のタイ…

  • 日常生活の歩数が減少-メタボと毛髪

    メタボリック症候群が引き起こす生活習慣病、特に血管に関わる疾病が毛髪の毛細血管を詰まりやすくし、毛髪の成長に悪影響を与えます。メタボリック症候群の対策として厚生労働省は「運動」を推奨しているものの、運…

  • AGAとは?
  • 治療薬と治療法
  • AGAの毛髪自己チェック
ドクター正木の教えてAGA!あなたのお悩みや質問にAGA治療専門のドクターが回答します。

質問と回答の一覧はこちら

薄毛の対処法

  • 薄毛に似合う髪型
  • AGAの治療薬と治療法

AGAの解説

  • AGA治療の用語解説
AGAの相談ができる病院検索
トップに戻る