トップページ抜け毛の対策静電気は髪の敵

静電気は髪の敵

更新日:2012年1月18日

静電気は髪の敵ドアノブに手を伸ばしたら「パチン!」乾燥しやすい冬ではよくあることですが、静電気は髪にダメージを与えることがあります。今回は静電気から髪を守る対策をご紹介します。

こんなに強い!静電気

暗い部屋で静電気が起こると青白い火花が飛ぶのが見えたりしますが、この静電気はどれほどの威力を持っているのでしょうか?

最も強い静電気は「カミナリ」です。カミナリは雲の中の氷の粒子がぶつかり合って静電気を蓄積していき、空気の絶縁の限界を超えると落雷がおきます。この時の電圧は1~10億ボルトになります。

では日常生活で発生する静電気はどれくらいのものなのかと言うと、まず人間が感じることのできる静電気は1000ボルト以上なのでドアノブなどで「パチン!」と感じた時は1000ボルト以上の電圧がかかっていたことになります。帯電体質の方は1万ボルト近くにもなるそうです。

静電気の髪への影響

1000ボルト~1万ボルトにもなる静電気ですが、髪の毛にはどういった影響があるのでしょうか?

小型のスタンガンの電圧が5万ボルトと言われていますので、帯電体質の方の静電気はスタンガンの1/5ほどの威力があるということになります。もしそんな電圧が髪の毛にかかったら無事では済みません。

静電気によってダメージを受けた髪は切れ毛になりやすくなってしまいます。また、髪の毛に静電気が蓄積されているとホコリも吸い寄せられてしまいますので、衛生面や美観的にも静電気は髪の敵なのです。

髪を守る静電気対策

百害あって一利もない静電気ですが、どうすれば髪を静電気から防ぐことができるのでしょうか?

髪の毛に静電気を発生させないためには、まず髪の毛を乾燥から守ってあげる必要があります。シャンプーの時にリンスやコンディショナーまたはトリートメントを活用し髪の毛を保湿してあげます。

ブラッシングの時にも注意が必要です。クシでとかすときの摩擦でも静電気は発生しますので、ブラッシングの前に蒸しタオルで髪を蒸らすか、霧吹きで水を髪に吹きつけておくことで静電気を抑えることができます。

冬場はとくに乾燥して静電気が発生しやすくなります。髪だけでなく「パチン!」という衝撃を受けたくない方は加湿器で部屋の湿度を40%以上にしておくと軽減できますのでお試しください。

※画像はイメージです。

関連記事

  • AGA以外の髪の病気の対策

    AGA治療を受けてさえいれば髪に平和が訪れるとは限りません。AGA以外にも髪の毛は病気によって切れ毛などを起こしてしまうことがあります。今回は髪の毛の健康を脅かす病気とその対策をご紹介します。結節性裂…

  • シャンプーとマッサージで抜け毛の対策

    シャンプーのしかたで抜け毛の対策になってしまうお手軽な方法です。お風呂には毎日入りますので習慣にするもの比較的簡単なのではないでしょうか?今回はお風呂でできる抜け毛対策をご紹介します。シャンプーはゴシ…

  • ヘアトリートメントの必要性

    ヘアトリートメントだけでは薄毛や抜け毛の解決にはなりませんが、ヘアトリートメントは今ある髪を大切にするのに必要です。特に、枝毛や切れ毛を防ぐためヘアトリートメントは欠かせません。ヘアトリートメントには…

抜け毛の対策

  • AGAとは?
  • 治療薬と治療法
  • AGAの毛髪自己チェック
ドクター正木の教えてAGA!あなたのお悩みや質問にAGA治療専門のドクターが回答します。

質問と回答の一覧はこちら

薄毛の対処法

  • 薄毛に似合う髪型
  • AGAの治療薬と治療法

AGAの解説

  • AGA治療の用語解説
AGAの相談ができる病院検索
トップに戻る