トップページ医師から学ぶAGA治療南部 正樹医師から学ぶAGA治療AGA治療は早期発見と継続治療が大切

AGA治療は早期発見と継続治療が大切

更新日:2016年02月23日

川崎中央クリニック院長 南部正樹

当院にご来院・ご相談される患者さまのAGAの進行度は軽度の方~重度の方まで様々に亘ります。「髪の悩み」のきっかけは、鏡を見た時に頭皮が透けて見える等のご自身の薄毛を確認した時から始まることが多いようです。
しかしながら、頭皮が見えている状態は既に毛髪の約半分の50%以上が抜けている状態と言えます。既に半分近く抜けてしまった髪の毛の場合は、元に戻すには時間もかかりますし、HARG療法等の再生療法も取り入れなくてはいけなくなるので経済的な投資も必要になります。

【AGAの早期発見】

AGA(男性型脱毛症)の初期段階であれば内服薬のみのAGA治療が始められます。

AGAは、早期発見・対策をすることで、治療に対するコストを抑えることにも繋がります。
AGAの早期発見のポイントとしては、

①三親等以内の男性に薄毛の方がいること
②抜けている髪の毛の根元が先細りで短く細い髪が多いこと
③血液を採取して検査するAGA遺伝子検査を受けること
  があげられます。

将来薄毛になるのが不安で毛髪がまだ十分にあるが①・②が該当する場合はAGA専門外来を行っている川崎中央クリニック等の専門的なクリニックを受診することをお薦めします。

【当院のAGA治療】

◎初期段階の方に処方する内服薬の効果は、抜け毛を抑制させる現状を維持する効果があります。

◎初期段階以降の頭皮が見える位進行されている方で毛髪を元に戻したい方にはHARG療法(再生療法)をご案内しています。

【AGAの継続治療】

毛髪治療は即効性が無く治療の効果が分かるまで6か月(半年)はかかるとされており、髪の毛は直ぐに何センチも伸びるものではない為、ゆっくり育てていくものだと思ってください。
また、治療により薄毛が改善し悩みことが無くなったとしてもAGA(男性型脱毛症)の場合は治療を継続することが必要です。
治療を中止してしまうと、また進行が緩やかに始まってしまいます。

これらのことによりAGA(男性型脱毛症)で治療をご希望の場合「早期発見と継続治療」が大切になります。

※記事内容は執筆医師による見解です。AGA治療ナビによる検証等を負うものではありません。

最新記事一覧

  • 薄毛治療と成長因子

    最近、巷で成長因子やグロスファクターといった言葉をよく耳にしませんか?実際に、化粧品やサプリメントに成長因子、グロスファクターが含まれたものが多くなってきています。では、成長因子とは一体何なのでしょう...続きを読む

    2014年12月26日

  • 薄毛の原因について、近因・遠因という視点から考えてみる (前篇)

    薄毛の原因について、近因・遠因という視点から考えてみる。いつの時代も、さまざまなシチュエーションで、さまざまに語られているのが薄毛の原因。遺伝・睡眠・ストレス・毛穴の脂・・・、テレビや雑誌では日々これ...続きを読む

    2014年06月13日

  • AGAと頭皮の血流

    血流が低下した硬い頭皮は髪が育ちにくい環境人間の体は、血流によりコンディションが保たれています。しかし加齢や代謝の低下に伴い血流は少しずつ悪くなっていきます。そして皮膚はそれが最も目立つ組織です。皮膚...続きを読む

    2014年06月06日

トップページ医師から学ぶAGA治療南部 正樹医師から学ぶAGA治療AGA治療は早期発見と継続治療が大切