メソセラピー

AGAのメソセラピーは、美容技術をAGA対策として導入したもので、フィナステリドやミノキシジルをはじめとする、発毛に有効な成分を注射器等で頭皮に直接注入する方法です。(クリニックによって注入方法は異なります。)

メソセラピーの効果

現在のAGA治療はフィナステリド(プロペシア)などの内服療法が中心となっていますが、内服療法では薬剤は全身の血管をめぐった後に 毛根に到達しますので、直接毛根に働きかける薬剤の絶対量が少ないというデメリットがあります。

しかし、AGAのメソセラピーは発毛に有効な成分を直接頭皮に注入するため、有効成分が毛乳頭や毛包にダイレクトに働きかけ、細胞レベルの活性を促すことができます。

メソセラピーの副作用

現在のところメソセラピーによる副作用は確認されていません。注入に伴う痛みが最も大きな副作用と言えるでしょう。(麻酔をかけたり、ノーニードル法という施術を行っているクリニックもあります)

(※効果、副作用の症状には個人差があります。)

メソセラピーを行っている病院

関連記事

  • 自毛植毛

    現在行われている主な施術方法は、FUT法と呼ばれるものとFUE法と呼ばれるものがあります。FUT法FUT法という呼び方の由来は「Follicular Unit(毛包単位) Transplantatio…

  • HARG療法

    HARGという呼び方の由来は「HAir(毛髪) Re-Generative(再生) theraphy(治療)」の頭文字を取った略字からきています。HARG療法は年齢制限がなく、男性にも女性にも施術でき…

ドクター正木の教えてAGA!あなたのお悩みや質問にAGA治療専門のドクターが回答します。