トップページAGAの治療薬と治療法ミノキシジル(外用薬)

ミノキシジル(外用薬)

ミノキシジル(外用薬)とは、薬の名前ではなく成分の名前です。日本では市販薬として承認されており、大正製薬株式会社より「リアップ」という商品名で販売されています。また、一部の専門クリニック等で取り扱っている場合もあります。

ミノキシジル(外用薬)の効果

もともとは血管を広げる薬として開発されていましたが、毛を成長させる効果があるとされAGA治療薬に転用されました。ミノキシジル(外用薬)のメカニズムは、髪の毛の根元にある毛乳頭細胞や毛母細胞に対して、毛の成長を促す物質を出させる作用があります。プロペシアとミノキシジル(外用薬)は、体に作用するメカニズムが違うため併用することができます。

ミノキシジル(外用薬)

ミノキシジル(外用薬)の副作用

成分が母乳中に移行するため、授乳する乳児がいる女性の使用は厳禁です。主な副作用は、ニキビの発生、頭痛、意識の朦朧、多毛症、重い低血圧、不整脈、動悸、皮膚の紅潮、かすみ目、手・足・顔のしびれや痛み、性欲減退、胸の痛み、急速な体重増加、下肢・手・足・顔のむくみがあります。また、成分として含まれるプロピレングリコールに対するアレルギー反応がみられることがあります。

(※効果、副作用の症状には個人差があります。)

関連記事

  • メソセラピー

    AGAのメソセラピーは、美容技術をAGA対策として導入したもので、フィナステリドやミノキシジルをはじめとする、発毛に有効な成分を注射器等で頭皮に直接注入する方法です。(クリニックによって注入方法は異な…

  • AGAとは薄毛のことですか?

    テレビのCMでAGAというのを見たのですが、AGAとは薄毛のことですか?もしそうならAGAの治療ってどんなことをするんですか?

AGAの治療薬と治療法

ドクター正木の教えてAGA!あなたのお悩みや質問にAGA治療専門のドクターが回答します。